CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
CATEGORIES
言事堂にて販売中
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット
身体感覚の旅 ― 舞踊家レジーヌ・ショピノとパシフィックメルティングポット (JUGEMレビュー »)
富田 大介,梅原 賢一郎,本間 直樹,レジーヌ・ショピノ,高嶋 慈,那須 誠,瀧 一郎
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
大坊珈琲の時間
大坊珈琲の時間 (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。在庫あと1冊です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
目であるく、かたちをきく、さわってみる。
目であるく、かたちをきく、さわってみる。 (JUGEMレビュー »)
マーシャ・ブラウン(文と写真)
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
沖縄のデザインマンホール図鑑
沖縄のデザインマンホール図鑑 (JUGEMレビュー »)
仲宗根 幸男
言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
Portrait Session
Portrait Session (JUGEMレビュー »)

言事堂にて販売中です。
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
言事堂にて販売中
MOBILE
qrcode
<< 今週の言事堂 3/20-3/25 | main | 今週の言事堂 4/3-4/7 >>
今週の言事堂 3/28-4/1

瀬長島からの眺め。

 

今月はいろいろとついていない。車をぶつけられたところから始まって、愛用の日傘が無くなっていることに気が付き、先週末は友人の彼氏と喧嘩をし、昨日は書いた書評の見出しが間違っていた。校正を出したのに…。とても落胆している。先月が良いことばかりだったので、そういうものなのかなとも思う。失うものや失意がなければ得るものもないといった開高健の似た言葉があることが救いです。もう悪いことが起こりませんように(良いことがありますように)。堂々巡りである。

 

 

月火と連休でしたがしっかり働いた。出張買い取りにも出かけて倉庫の整理と、組合市に出品する本もまとめた。あと半分でだいたい平置きの本の片付けが終わる。終わったら、4月からは均一本を店頭に並べられるように、もっと棚の整理を進めたい。十年間棚にずっとある本はどんどん動かして行きたい。

 

 

3/28(水)

休み開けの水曜日。ヒロイヨミ社『ことばのこと』も2週目に。

年度内駆け込みの見積り依頼数件あり、調べて返事をする。お客様からのメールの返信、在庫確認など。郵便の発送3件。

近所のWちゃん来店、活版印刷の動画をいっしょに観る。Oさんと電話、海外からの取り寄せ書籍について話をする。

久しぶりにKさん来店、焼き芋を頂く。今年のブックパーリーについて話をする。

今日は来客も多く新入荷本の値付けが出来なかったので、明日まとめて作業をすることに。仕入れした本の中にあった福永武彦の美術評論集が気になっている。少し読んでみたい。明日も頑張ろう。

 

 

3/29(木)

腰に違和感、腰痛ベルトを久しぶりに巻いてから出勤。嫌だなぁ。

朝納品1件、行きに車をぶつけられそうになる。右、左を確認した後にもう一度右を確認せずに飛び出して来た車とぎりぎりですれ違う。数秒遅ければ確実にぶつかっていたはず。まぶいが落ちた。

気持ちを落ち着かせるために、好きなパン屋でパンを買って、お店に着いてすぐに珈琲を入れた。ほっとしているとGさん来店。取り置きの本を手渡す。ぎっくり腰の治し方など話をする。

千葉からお客様。宮古島出身の詩人・新城兵一さんと連絡を取りたいとうちのお店を頼って来てくださった。ちょうど用事があり新城さんに電話をしようとしていたところだったので電話を代わってお話頂いた。40年前に吉本隆明の作品に対する新城さんの詩が新聞に掲載されていたそうで、その方はいたく感動してずっとその詩のことを覚えていたそう。電話でお繋ぎ出来たことが嬉しかった。

勇崎さんのところでお手伝いをしている方からちらしを受け取る。今年のFRAGMENTSは5/15から。

とある文芸誌の方から原稿依頼の電話。松本太郎展の展評を読んで声をかけてくださった。有り難くて嬉しい。

琉大のティトゥス先生がスイスからのスタディーツアーのみなさんと建物を観にご来店。20人くらい?みなさまよい旅を!

 

 

3/30(金)

腰がまだ痛い。ゆっくり歩いて出勤。古書組合の連合会費を郵便局で支払う。その他支払いを銀行で。

今日は発送の本は無し。無いと不安になる。

写真家の鈴木さん来店、東京での展示やKYOTOGRAPHIEの話を聞く。デザイナーGさんに電話。

松本太郎さんと連絡がとれて返信のメール。帰省中だったようで安心した。

展示を観に来てくださったお客様が途切れることなくいらっしゃる。去年のワークショップに参加してくれたKさんが去年産まれた赤ちゃんとご来店。今日は赤ちゃんがたくさん来てくれた。かわいい。

本の注文もあり、メールの業務は少なかったので本の値付けに集中した。通販の準備も。

展示は明後日4/1までです。

 

 

3/31(土)

今日も腰が痛い。昨晩の体操で少し緩和。車で出勤。

新たに展評の依頼あり、詳細を聞く。取り置き本の郵送依頼。注文の本の見積りなど。細々とした仕事が続く。

値付けの続きとスリップ作り。アルバイトMさん到着。今日は夕方から出張買い取りなので来てもらった。展示を観に来たお客さんと話をする。

17時に買い取り先で本を運ぶ。腰が心配だっかけれども気がはっていたので痛くない。お店に戻ると痛くなった。

気が付けばもう19時、閉店の時間。友達の引っ越し祝いに行くので急いで片付けをする。

本棚を整える時間がなかなか作れない。明後日の休みの日にどうにか。

ヒロイヨミ社さんの展示は明日4/1が最終日です。組合の競り市の日なので、お店番にはMさんがいます。

 

 

4/1(日)

今日は古書組合の競り市。朝、本の発送があったので早めに店舗へ。アルバイトMさんが11時前に来てくれた。引き継ぎをして私は競り市に。

11点出品、4点成立、購入も4点。売れなかった雑本は他のものを入札してくれたお店にそのまま引き渡す。(お店に置くことができない芸術書以外の本だったので。)腰も痛いので助かった。

17時にお店に戻る。Mさんと交代。今日はヒロイヨミ社の展示が最終日、最後にSさんが来てくださった。会期中3回目のご来店。

展示が終わって寂しい。来週からは通常の営業に戻ります。日曜日はお休みです。

| 今週の言事堂(2018) | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://journal.books-cotocoto.com/trackback/1244455
トラックバック